無料ブログはココログ

外部リンク

地元サイト

e!鉄工所がんばってるか通信

ブログランキング

製作写真集

  • Cimg0119jpgppc
    過去に製作した写真です。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

明日は溶接の再評価

明日はJIS溶接免許の3年に1回ある再評価の試験にいってきます。

今回、私はステンレスの基本級と専門級のPをなります。

うちの職人さんはアークの基本級になります。

普段、やっている事なので特別難しい事は無いのですが

試験となると少し勝手が違うので少し練習してました。

今回、私と一緒に行く職人は入社3年目なので始めての更新になるので

相当必死にやっています(笑)

あまり緊張する事は無いんですけどね(笑)

兎角、頑張ってきます!!

2009年3月27日 (金)

仕事の合間に

090327_141301 仕事に合間が出来たので(←と言うより今は暇な感じです涙)

近くの鯛焼き屋さんで鯛焼き買ってきました。。。

味は、小倉あんと桜あんとクリーム♪

皆で食べました♪

2009年3月26日 (木)

アルミ作業台踏板改造

090326_154701 先日、写真を載せたアルミ製の作業台に、追加でもう一段

踏板を取り付けしました。

一段目をもう少し楽に登りたいと言う要望があったので、この様な

施工をしました。

SUS製ガラス受け金物

090326_154102090326_154103  SUS製のガラス受け金物です。

基本材にSUS304 HL t=2.0mmを使用しました。

コーキング用に両小口をしました。

左の写真に棒の様なものが着いていますが

これはターンバックルの全ネジを溶接しています。

現場取付の際に、これを吊るして取り付けるそうです。

SS製ボトルラック

090326_115401 SS製のボトルラックを製作しました。

□25*25*1.6・Ф9・t=1.6mmを使用しました。

上部にボルト穴をあけて、現場で上板を張ります。

艶無ブラックの焼付塗装で完了になります。

SS製架台吊り用金物

090326_080701 架台を吊る時に使う吊り治具です。

L6*50*50・t=6mmを使用しました。

錆止め1回・仕上げ塗り1回で完了です。

SS製棚受け金物

090325_103401 SS製の棚受け用の金物です。

□19*19*1.6・FB3*44を使用しました。

計12ヶ製作、錆止め塗装で完了です。

2009年3月24日 (火)

アルミ製作業台

Pict0216jpgppcPict0214jpgppc  アルミ製の作業台です。

トラック等の整備をする時に使用するみたいです。

手摺はФ38.0*3.0・Ф30*3.0を使用し、作業台本体には

□100*50*3.0・□80*40*3.0を使用しています。

両脇で作業出来る様に左右対称のものを各1台ずつ作りました。

2009年3月19日 (木)

SUS手摺取付

Pict0216jpgppc 既存にあるAL製の手摺を途中から切断し、切り口にSUSの小口蓋をしました。

切断した先に、新規に製作したSUS製の手摺を取り付けしました。

階段上りきりからの高さが欲しいとの話だったので、新規に製作しました。

既存AL手摺の支柱部の穴はSUS t=2mmの板を張り塞ぎました。

写真は施工後のものです。

2009年3月18日 (水)

SS製スロープ手摺

Pict0221jpgppcPict0220jpgppc  SUS製のスロープ手摺です。

手掛け部はФ34*1.5tのHL、支柱部はFB12*50と12*80の組み合わせで作りました。

アンカー固定にて完了です。

SUS製足洗い場手摺

Pict0217jpgppcPict0216jpgppc  SUS製の足洗い場の手摺です。

使用部材は、Ф34*1.5tのHLに両側にt=12mmの板を研磨し仕上げて溶接しました。

現場にて、オールアンカー固定で完了です。

SSパネル改造

Pict0215jpgppc 既存に着いていたSS製のパネルに点検用の開口を取り付けました。

使用部材はt=2.3mm鉄板に丁番等です。

以前までは、緊急停止の際に、大きなパネルを全部外していたみたいです。

今回、開口を設けたので、その部分だけでの点検で大丈夫になりました。

2009年3月17日 (火)

SS既存手摺補強

Pict0214jpgppc 既存手摺の手摺補強をしてきました。

単品で建っている手摺の為、足元がぐらついていたので

ブラケットを取り付けて揺れを止めました。

2009年3月16日 (月)

SUS製既製品タラップ改造 

Pict0306jpgppc 既製品のタラップの上部に縞板を溶接しました。

上部の上り口部分が、アルミの笠木の上なので、直接乗らないように

との事で、縞板をつけました。

酸洗いをして完了になります。

SS製ポール

Pict0308jpgppcPict0309jpgppc  ss製のポールです。消防署の階段部分に取り付けるも 

ので、このポールを軸に回転しながら階段を下りるそうで

す。計5本製作しました。

SS製安全対策用柵

Pict0218jpgppcPict0219jpgppc  安全対策用の柵及び扉です。

寸法が全て違うものを計16セット製作しました。

骨材にL3*30*30を使用し、エキスパンドメタルを張りました。

支柱は□40*40*2.3を使い、BPLはt=6*100*100にしました。

塗装が一番苦労した処で、扉の枠が赤、柵の枠が黄色、エキスパンドが黒と言う区別をしました。

SUS製煙突部陣笠

Pict0209jpgppcPict0210jpgppcSUS製の煙突部の陣笠です。

このブログを見て、来てくださったお客様からのお仕事です♪

下地・上部板を其々分解出来る様に細工をしています。足部を現場溶接して固定します。

酸洗いをして、製作完了です。

SUSゲート用扉体

Pict0183jpgppc ゲート用のSUS製の扉体単品です。

裏には水密用のゴムを押し縁で押えています。

本体はt=12mmを使用し、巻上機の接合部分の板はt=25mmを使用しています。計2ヶ製作しました。

SUS製スクリーン

Pict0205jpgppc SUS製のスクリーンです。梱包前に写真を撮り忘れてしまい、解りづらい

ですが、枠FB5*30・格子Ф9を使用しました。980*980で計3基製作・納品

しました。

簡易スライド式ゲートその2

Pict0214jpgppcPict0216jpgppc  簡易ゲートのその2です。SS・SUSの各2門を納めまし 

た。今回のゲートも四方水密になっています。

簡易スライド式ゲートその1

Pict0203jpgppc SUS製の四方水密簡易ゲートです。写真では3門ありますが、

この時は、計4門、製作・納品しました。

SUS製集水枡及び縞敷板

Pict0200jpgppcPict0199jpgppc  SUS製の集水枡及び縞敷板です。

真ん中を水下にし、水勾配をつけました。

上部の板は、水を流す為、縞板の各所にケガキ込みを入れました。

埼玉県のお客様なので、梱包・発送をします。

ss製デッキ及び手摺

Pict0208jpgppc SS製の作業デッキ及び手摺です。

デッキの骨材はП150*75*6.5使用、上部にエキスパンドを張りました。

手摺はФ42.7*3.5を使用しました。

それぞれ、シルバー、黄色の塗装を塗って完了です。

2009年3月10日 (火)

SS製止水ゲート取付

Photo_2 今回は、ゲートの取付の手伝いに福島県は郡山市に行ってきました。

既存についていたものを撤去後、新規に取付しました。

SUS製浴室手摺

2Photo  SUS製の浴室手摺です。

親材Ф42.7*2.0のHL、支柱にФ27.2*2.0を使用しました。

コア抜き部にモルタルを詰めて完了です。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31