無料ブログはココログ

外部リンク

地元サイト

e!鉄工所がんばってるか通信

ブログランキング

製作写真集

  • Cimg0119jpgppc
    過去に製作した写真です。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

塔台屋上 SUS製R型手摺

Pict0378jpgppc

SUS製のR型手摺です。

使用部材は、SUS304 HL Ф32*1.5t・Ф22*1.5t・BPL t=3mmです。

海岸沿いにある塔台の屋上部に取付しました。

M-16ケミカルアンカーにて固定しました。

2010年3月26日 (金)

SUS製固定金物

Sh3801920001

SUS製の支柱固定金物です。

使用部材は、SUS304 HL t=4mm・t=6mmです。

280*120=1台製作しました。

2010年3月25日 (木)

年度末

年度末も末となり、大分落ち着いてきました。

今年度も皆様のお陰でなんとか無事過ごす事が出来ました。

来年度は4月(正確には今月末)から早々と動くことが出来そうです。

日々色々な苦労がありますが、周りの方達に支えられてこれた

そんな1年になりました。

来年度はさらに躍進出来る様に、従業員一同、一丸となって精進していきますので

皆様、変わらずにご愛好宜しくお願い致します。

尚、今年度もまだ数日残っていますので、ブログは随時更新していきます(笑)

2010年3月19日 (金)

SUS製洗浄籠

Sh3801880001

SUS製の洗浄籠です。先日ブログに載せたものと同じ用途のものですが

もっと軽量にしたいとのお話があったので、使用部材を下げました。

フレームにL2*20*20・横繋ぎにt=2mmを使用しました。

パンチングは開口率の問題があるため、同じものを使用しました。

最終的に、前回よりも≒2kg軽くする事が出来ました。

お客様に喜んでもらえたので良かったです♪

2010年3月17日 (水)

SUS製籠

Sh3801860001

SUS製の籠になります。

使用部材は、SUS304 HOT L3*30*30・FB3*30・パンチングメタル 8.0Ф*14P*1.5mmです。

手袋を消毒する為に掛けておく籠みたいです。

420*240*240で1台で製作しています。

2010年3月15日 (月)

メッキ仕上げ階段及び手摺

Sh3801830001_2

メッキ仕上げの階段及び階段手摺です。

使用部材は、SS400 FB9*200・CPL t=4.5mm・□40*40*2.3t等です。

上部を既存架台にボルトで固定、下部を基礎打設後、ALLアンカー固定にしました。

写真は取付完了後のものです。

既存架台補強柱

Sh3801850001

既存の架台に補強用の柱を取付してきました。

使用部材は、SS400 □100*100*4.5t・BPL t=6mmです。

上部は、溶接にて・下部はALLアンカーにて固定しました。

軽4本取付してきました。

2010年3月11日 (木)

メッキ・白塗装仕上げ 両開き門扉

Pict0378jpgppc

メッキ後・白塗装仕上げの両開き門扉です。

使用部材は、SS400 Ф42.7*2.3t・Ф27.2*2.0t・Ф60.5*3.2t・BPL t=6mm・丸落しにSUS304 Ф13を使用しました。

上の写真はメッキ後のものです。

Pict0381jpgppc

で、↑が白塗装後の写真です。この後、クリヤー塗装をして完了になります。

SS製縞板張り

Sh3801810001_2

既存の架台の天板の張替え工事をしてきました。

使用部材は、SS400 CPL t=3.2mmを使用しました。

元々はコンパネが貼ってあったのですが、新規に縞板に交換しました。

2010年3月 8日 (月)

各種橋梁 昇降設備

Pict0366jpgppc

Pict0367jpgppc

各種橋梁の昇降設備(上部蓋・枠・タラップ・下部ブラケット)です。

使用部材は、上部蓋・枠がSS400 CPL t=4.5mm・Ф13.L6*75*75です。

タラップ本体は、L6*50*50・Ф16です。

下部ブラケットはWF6*200・CPL t=4.5mm等です。

開口700*600・タラップ L=≒2080/2360・ブラケット W200*H600とほぼ同寸法のものを

計11基製作しました。

赤錆止め2回・中塗り1回・仕上げ塗り1回にて完了になります。

SS製車止め

Pict0336jpgppc

Pict0338jpgppc

SS製の車止めです。使用部材は、SS400 Ф101.6*3.8tです。

L4000*H1150で1台製作しました。

錆止め1回・仕上げ黄色1回・クリヤー1回で仕上げました。

橋 既存手摺修繕

Pict0335jpgppc

橋の既存手摺の修繕・一部新規製作・及び塗装工事をしてきました。

使用部材は、Ф42.7*3.5t・Ф34*3.5t・Ф60.5*4.2tです。

写真はФ60.5*4.2tの一部新規取付及び赤錆び塗装をする方です。

もう一方で、Ф42.7*3.5t・Ф34*3.5tを使用し、修繕後、グレー錆びをしました。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31