無料ブログはココログ

外部リンク

地元サイト

e!鉄工所がんばってるか通信

ブログランキング

製作写真集

  • Cimg0119jpgppc
    過去に製作した写真です。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

SUS製トレンチ蓋

Pict0556jpgppc

SUS製のトレンチ蓋・枠です。

使用部材は、SUS304 □60*30*1.5t・CPL t=4.5mm・2B t=2mm・FB4*15等です。

縞板の受け枠も製作しました。止水の為、取っ手部開口は全溶接しました。

1080*540=1台・840*450=1台製作しました。

ゆうとくんを救う会 公式サイト

2010年5月25日 (火)

ゆうと君への募金協力のお願い

おはようございます!今日は、このブログを見てくださっている皆様に

ご協力のお願いがあって書いております。

僕の友人の横山千春さんの息子さんで宮城県宮城郡利府町在住の横山由宇人くん(5歳)が「特発性拡張型心筋症」という重篤な心臓の病気により、一刻も早い心臓移植が必要とされています。

以下「ゆうとくんを救う会」より引用
http://www.yuto-save.jp/

宮城県宮城郡利府町在住の横山由宇人くん(5歳)は、2009年11月に特発性拡張型心筋症を発症し、現在東北大学病院に入院しています。特発性拡張型心筋症は心臓の筋肉が薄くなり、心臓が拡張してポンプ機能が低下し、全身への血液循環が悪化する進行性の病気で、もっとも重篤な心臓の病気です。由宇人くんに対して入院時から心不全に対する薬物治療、さらに集中治療室では、人工呼吸器や血液透析を併用しつつ内科的治療が行われましたが、これらの治療の効果なく心不全が極度に悪化したため、補助人工心臓を装着して何とか一命を取り留めました。

現在由宇人くんに装着されている補助人工心臓は、国内の保険診療下で唯一使用できる補助人工心臓ですが、本来成人患者の体格に合わせて作られた人工心臓です。由宇人くんのような体重約15kgの子供に装着された場合、人工心臓内の血流が滞り、容易に血の塊(血栓)を形成してしまいます。その血栓が原因で脳梗塞を発症する可能性は非常に高くなります。一方この血栓を予防するために、成人患者以上に強力な抗凝固療法が必要になるのですが、それが原因で脳内出血の危険が高くなります。したがって、由宇人くんに半年以上補助人工心臓を装着しているのは大変危険なことは分かっています。

補助人工心臓装着後の検査で由宇人君の心臓の回復は認められず、残された治療は心臓移植だけです。現在日本では15歳未満の臓器提供が認められていないだけでなく、国内での移植待機期間は長く、その間に致命的な合併症を起こす可能性があり、死と隣り合わせの日々が続いています。そのため海外での心臓移植を決断するに至りました。

東北大学病院の医師団の御尽力で、米国コロンビア大学病院での渡航移植の受け入れが決まりましたが、渡航移植をする場合、日本の医療保険制度は適用されず、移植手術費、渡航費、滞在治療費など1億3500万円もの莫大な費用が必要になります。……由宇人くんは「パパ、ママ、ぼくおムネの病気が治ったら幼稚園に行ってお友だちといっぱいあそびたい、好きなものもいっぱい食べたいな!」という5歳児ながらの強い生きる意志を持っています。そこで、私たちは何としても由宇人くんの命を助け、由宇人くんが以前の生活を取り戻せることができるようなお手伝いをさせていただきたいと考え、「ゆうと君を救う会」を結成し募金活動を開始することにしました。来年3月、幼稚園の友達といっしょに卒園し、桜舞う4月には小学1年生として入学式を迎えられるよう、由宇人くんの小さな命を救うために、皆さまの善意におすがりするしかない状況をどうぞご理解いただき、温かいご支援とご協力を賜りますようどうぞお願い申し上げます。


由宇人くんが渡米し手術・治療を受けるには、
1億3500万円もの莫大な費用が必要だそうです。
しかし、たとえ莫大な費用だとしても皆さまの善意が積み重なれば、
この募金目標額へ到達できると考えます。

そこで、だてBLOGからもユーザー皆さま方へ、
由宇人くんへの募金のご協力賜りますよう重ねてお願い申し上げた次第です。


募金の振込先は下記となっております。
詳細は『ゆうとくんを救う会』公式サイトに記載されております。

七十七(しちじゅうしち)銀行 利府(りふ)支店 普通 5330386
仙 台(せんだい)銀行 利府(りふ)支店 普通 2762781
みずほ銀行 仙台(せんだい)支店 普通 4617987
ゆうちょ銀行 記号18100 番号5124551


ゆうとくんを救う会 公式サイト ゆうとくんに心臓移植手術を!募金にご協力をお願いします。

また、各ユーザー様のブログにて「ゆうとくんを救う会バナー」設置ご協力いただける方は、
こちらも併せてご協力の程よろしくお願い申し上げます。
リンク先:http://www.yuto-save.jp/

2010年5月18日 (火)

某病院・浴室手摺

P1020419jpgppc

某病院の浴室手摺です。

使用部材は、SUS304 HL Ф34*2.0t・Ф38*2.0t・Ф38用化粧カバー等です。

カラン台2台・水平手摺1台を製作・取付しました。

SS製框扉

Pict0549jpgppc

SS製の両開き扉です。使用部材はSS400 t=1.6mm・曲げ加工材です。

上下左右を折材を使用し、一つずつ単体で組み、其れをドアの形状に組みました。

中間の開口部にはガラスが入るようになっています。

910*2080=2枚製作しました。

SUS製W水タンク

P1020436jpgppc

P1020431jpgppc

SUS製のW水タンクです。生コン会社様の仕事なのですが、2層に分かれたタンクを製作しました。

使用部材は、SUS304 2B t=3.0mm・80・100A各種配管等です。

既存に据付してあった鉄製のタンクを解体後、新規にSUS製のタンクを据付しました。

取付工事までやったのですが、場所がとても狭く、解体も取付もとても苦労しました。

週明けから使用したいとのお話だったので土・日曜の二日間でなんとか決めました。

日曜日の取付・試運転の終了時間は夜中の1時30分でした(涙)

なんとか翌日から使用出来る様に取付出来たので良かったです。

ご無沙汰しています

久々の更新になります(苦笑)

ここのところ、忙しくなかなか更新できずにいました。写真も結構な量を撮り忘れてしまい

ここ最近の製作物の一部しか載せることが出来ない状態になりました(涙)

今回は忘れずに撮った写真を載せたいと思います。

P1020439jpgppc

SUS製のガードポールです。

使用部材は、SUS304 HL Ф104.3*2.0t・丸環Ф61*RB6等です。

L=1850*5本製作しました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31